FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイで銀行口座を開くには

ハワイの銀行といえばセントラルパシフィックバンク、バンクオブハワイ、
ファーストハワイアンバンク、アメリカンセービングバンクなどなどありますが
こちらアメリカに住所がなくてもアカウント(口座)が開けられる、大変便利な
ものとなっております。

私も本日個人的な口座を新たに開きに行ってきたのですが、必要なものは
パスポートとアカウントオープンの為のお金です。
口座オープンの為の必要最低金額や口座維持の為の最低預金額などはいろいろな
設定がありますので、その都度確認が必要です。

日本のように印鑑は必要なくて、すべてサイン(署名)となります。

長期滞在をする時には銀行口座が1つあると重宝しますよね。
困った時に送金してもらえるなんていうビッグボーナスの他、必要以上の
現金を持ち歩かなくても良かったり、今のように円高の時に送金しておけば
為替レートを気にせずにお金が使えたり・・・様々な特典があります。

さて、まず簡単にシステムをご説明いたしますと、基本的にはSAVINGと
CHECKINGのアカウントが開設出来ます。
これを日本語にすると返ってややこしくなるので、このまま説明しますね。
つまりSAVINGとはその名の通り、「預金をするのが目的の口座」で、
CHECKINGは「チェック(個人小切手)などがきれる口座」なんです。

CHECKINGは支払いをすると考えてもらったらいいと思います。
銀行発行のクレジットカードやDEBITカードなどの支払い、チェックなどの
支払いはすべてこちらのCHECKINGアカウントから引き落とされます。
こちらはお金をたくさん入れていても利子がつかないので、支払い必要額を
入れておけばいいわけです。

SAVINGアカウントは預金目的なので利子がつきます。今日私が開いた口座で
0.2%でした。

通常どちらの銀行もインターネットを利用したオンラインバンキングに対応してます。
だから基本はSAVINGに入れておいて、利用に応じてCHECKINGにオンラインで
資金移動をしたらいい訳です。

銀行カードやチェック(有料でオーダー)などは2週間~1ヶ月で日本に到着します。
次ぎのハワイではローカルのように銀行をご利用いただけるわけです。
ね、便利でしょ?

セントラルパシフィックなどは日本人アテンドがいらっしゃいますが、その他は
不在の場合が多いです。英語が苦手だな~っという方はアロハファクトリーへ
ご相談ください。

アテンドフィー50ドルで皆様をアシストします。
ハワイの事ならなんでもALOHA FACTORYへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。